ユネスコ無形文化遺産
「細川紙」紙漉き体験
- 細川紙技術者協会 -

細川紙技術者協会

  • 10月13日(土)
  • 10月14日(日)

細川紙は小川町・東秩父村で継承されている伝統的な手漉き和紙で、その技術は国指定重要無形文化財に指定され、ユネスコ無形文化遺産にも登録されています。楮という植物の繊維を原料とするたいへん丈夫な紙で、記録用紙などとして使われてきました。近年では味わい深い独特の色や肌合いが好まれ、壁紙や照明器具など芸術・工芸用としても用いられています。当日は自分で漉いた紙をお持ち帰りいただける紙漉き体験を実施します。

開催日時
10月13日(土) 10:00~15:00
10月14日(日) 10:00~15:00
参加料
500円(税込)
参加方法
当日申込のみ

随時、紙漉き体験会場で受付いたします。

直接会場までお越しください。

その他
  • ・混雑状況により、お待ちいただく場合がございますので予めご了承ください。
  • ・参加料のお支払いは当日ワークショップ開始前となります。おつりのないようにご持参ください。